顔脱毛エステサロンランキング全国版







正しい化粧水のつけかた 浸透力をUPするために


スキンケアあなたは化粧水や乳液は
どのように使用していますか?


一般的に多いのは、化粧水も乳液も、手のひらに出し
それを両手でなじませて
顔全体を包み込むように塗布するパターンではないでしょうか。


中にはコットンを使っている方も
いらっしゃるかもしれませんね。



しかし、実は、この化粧水の使い方はどちらも間違いなんです。



では、化粧水はどのように使うのが正しい方法なのでしょうか。



ローション まず、手にとった化粧水や乳液を
2~3本の指先にだけ取り
軽くなじませながら、トントンと肌に軽く触れるように
お肌につけていく方法がベスト
なんです。



コットンは、皮膚の薄い肌を痛めてしまうので
あまりおすすめできません。



そして手のひら全体でつける方法は、
せっかくの成分が、手のひらのほうに
吸収されてしまい、肌への吸収力を下げてしまいます。



ですので、手のひら全体で化粧水や乳液をつけた後
顔全体を包み込むように温めても、
実はそれは、手のひらが成分を吸収しているだけ。



化粧水の吸収をUPするには、
手のひらで包み込むのではなく
指先だけで、卵の黄身を触るように
優しく塗布する方が有効成分がしっかりと吸収される
のです。